PROFILE

kuulei 009a

kuulei

2009年末、当時ソロアーティストとして活動中だったトモヨと、ギタリスト、アレンジャー、サウンドプロデューサーとして活動していたヨシキが、アルバム制作を通して意気投合し、2人組ユニットとして活動を開始。

トモヨの透き通るような歌声と、ヨシキのスカッと抜けるようなサウンドが融合することで、天下を獲るのにそう時間はかからない!と意気揚々だったが、もちろん世の中そんなに甘くはなく、1からの再出発となる。

2010年からLIVE活動を開始。都内での活動をメインとし、月1~2回ペースで現在も活動中。ギターとボーカルという構成なので、いつでもどこでもストリートライブ!と思ってはいるも、二人ともビビリのため未だ実現はできていない。

LIVEは二人でのアコースティックと、サポートメンバーを加えてのバンドサウンドでのスタイルが基本。

ユニット名の”kuulei”とは、ハワイの言葉で~最愛の人~という意味。聴いてくれる人それぞれの~最愛の人~への想いが伝わるように。

そんな想いでつけたユニット名だが、二人ともハワイには一度も行ったことがない。(ヨシキに至っては、海外に行ったことすらない)

….そんな二人。

tomoyo/kuulei

tomoyo / vocal

私のことを「クーレイちゃん」という人もいます。トモちゃんでもクーレイちゃんでもどちらでもよいです。笑

さて2009年に結成した私たち”kuulei”の表現する音楽に一瞬でも触れたとき、大切なひとに会いたくなったり、家族の声が聞きたくなったり、自分をもっと信じたくなったり。。そんな「こころ」が少しでもあったかく、軽く、なればいいなと思っています。

私は10代の頃にスカウトされ、芸能界に入りました。自信もなければ、才能もない。特別かわいい訳でも、歌がうまい訳でもない。そんな中でも唯一、ほめられたのが「声」でした。「タナボタ」という言葉がぴったりのすばらしい経験の数々。

私が立ち止まったのは二十歳のとき。「自分にしか出来ない何かをやりたい」そこから始まった自分探し。いろんな人に助けられ、ヨシキに出会いました。私の「声」とヨシキの「ギター」で目指すは世界平和!だいそれたことは出来なくても身近なひとを大切にする事できっと世界は愛でいっぱいになるはず。

それが聞いてくれる皆さんにも伝わるといいな。

photo


yoshiki/kuulei

yoshiki / guitar

日本の中の「アメリカ」、東京と名のつくだけの田舎町で生まれ育ち、ピンクレディーで歌謡曲に目覚め、与作でワビサビを覚え、横浜銀蝿でロックンロールにぶっ飛ばされた!そんなお年頃のナウなヤングっす。

青春時代は「バンドブーム」真っ只中。しか~し!10代のころから通っていたライブハウスには、アメリカ人と70′sに青春時代をすごした「元」ヒッピー(今もか??)ばかり。。J-POPなんぞ脇目もふれず、アメリカンロック一直線!!あこがれは「EAGLES」夢は「ROCK STAR!」組んだバンドも、もちろんそっち系。

で、あんなことや、こんなことがありましてトモヨと出会う。いわゆるJ-POPど真ん中の子。今までの自分のスタイルとは全く違うタイプ。でも、なぜか強烈に惹かれ、気づけば一緒にユニット組んでました。ま、POPな歌詞とメロディ+カラッとしたアメリカンサウンド♪いいんじゃない?

「最愛の人」「大切な人」「すべての人」へ”kuulei”の「音」が届きますように。

photo